犬島精錬所美術館

今回の建築ツアーのメインでもある犬島精錬所美術館です。犬島に残る銅製錬所の遺構を保存・再生した美術館です

犬島精錬所美術館

犬島-豊島 高速船

豊島から犬島へ移動する船内より精錬所を見る。

犬島ターミナル

犬島港に到着。

高速旅客船サンダーバード

豊島と犬島を結ぶ高速旅客船サンダーバードの外観。

犬島精錬所美術館のアプローチ

フェリー乗場からのアプローチです。今回は生憎の雨で足元が泥濘んでいます。

犬島精錬所美術館

精錬所入口の門扉です。フェンスには看板が取付けられています。

犬島精錬所の既存煙突

入ってすぐに煉瓦造の既存煙突が見えてきます。

犬島精錬所の沿岸部

瀬戸内海沿いの抜群のロケーション

犬島精錬所

廃墟と化した施設の隙間から増築されたガラスで構成された建物が見えてきます。

犬島精錬所-犬島-三分一博志

先進性と歴史の融合した施設

フレーム 精錬所

建物の開口部のフレームによって切取られた外構。

増築施設の内部空間ロビー空間。上部はガラス屋根。日よけの布が敷かれています。

三分一博志-犬島精錬所美術館

こちらが壁面に設置された施設模型です。

犬島精錬所美術館-トップライト

休憩所上部のハイサイドのトップライト開口部。

休憩所出入口の開口部

休憩所外に出たところの開口部。

犬島精錬所-ロケーション

映画のセットのような様相の既存の精錬所施設。

見る方向によって表情を変える犬島精錬所施設

見る方向によって表情を変える犬島精錬所施設

犬島精錬所-三分一

下から望む増築施設、計算された空を切り取る稜線。

瀬戸内海に溶け込む増築施設部、稜線やガラス屋根が計算されて計画されています

計算された稜線と映り込みを考慮したガラス屋根を使用することで建物が瀬戸内海の環境と違和感なく同化しています。

犬島精錬所施設のガラス屋根

空と瀬戸内海が同色でガラス屋根が同じく色を拾っています。

廃墟と化した資材置き場越しに見える瀬戸内海 犬島精錬所

廃墟と化した資材置き場越しに見える瀬戸内海

上部から見下せる位置からの精錬所の既存煙突

上部から見下せる位置からの精錬所の既存煙突

崩れ落ちた瓦礫の一部

崩れ落ちた瓦礫の一部

既設施設の上部から全体を見下ろした全景

既設施設の上部から全体を見下ろした全景

自然と一体化した要塞のような廃墟化した精錬所施設

自然と一体化した要塞のような廃墟化した精錬所施設

犬島精錬所既存施設上部から瀬戸内を見下ろす

犬島精錬所既存施設上部から瀬戸内を見下ろす

二本の煙突が同時に見えるカット奥には同じく瀬戸内海を望む

二本の煙突が同時に見えるカット奥には同じく瀬戸内海を望む

既存建物の中間部

既存施設上部から下りる途中にあるトンネル

既存施設の一部同じく廃墟化しています。

既存施設の一部同じく廃墟化しています。

犬島精錬所から望む瀬戸内海

犬島精錬所から望む瀬戸内海。

瀬戸内海の船内から見る犬島精錬所美術館

帰りの船内から見る犬島精錬所美術館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください