集成材カウンターの現場検討

今日は昨日に引き続き平屋の2世帯住宅の現場監理に行ってきました。2辺支持のカウンターですが、強度を考慮して端部に

ご両親のLKのダイニングカウンターに側板を付けた方が良いとの提案を建設会社の監督さんより頂きました。

集成材カウンター

事務所で図面やパースによりデザイン検討を行った上で現場に行きました。現場に到着し集成材カウンターの端部を抑えるとやはり補強が必要との判断。直ちに検討した内容を現場の棟梁と監督さんに伝え切れ端を当てて確認しました。集成材のコーナーは奥の部屋への動線とお孫さんの安全性を考慮してアールを付けました。安全性に配慮した設計を心がけています^^

ダイニングカウンター

足場の取れた北面と西面

薄い庇

庇が良い感じに取り付いています^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください