室内干しってどうなの?

最近では室内干しが一般的になりつつありますが皆さんは如何でしょうか?

室内干しで乾く??

外干しのリスク??

外干しのリスク

  • 花粉
  • PM2.5

等々

挙げればきりがありませんが

アレルギーのある方は外干しは

むしろ

逆効果

です。

外干しがリスクがあるとなると

室内干しを検討する必要があります。

室内干しってどうなの?

室内干しは乾くの?

本当に乾くの?

皆さんの率直な疑問ではないでしょうか?

よくわかります^^

しかし、答えは

乾きます。

ただし

そこには条件があります!

高気密高断熱と換気が重要

高気密高断熱の家

最近の住宅では当然のことですが

  • 高気密
  • 高断熱
  • 換気

は現代住宅の基本構成です。

室内干しが未だに、信じられないと言われる方も多いです。

でも、それは過去の住宅の場合です。

バルコニーはもう不要?

室内干しで乾く現代住宅

これで皆さんもご理解して頂けたかと思いますが

室内干しが常用化されればバルコニーは不要ですよね。

もちろん

サンルーム

サンルームは不要

ももちろん

必要ありません。

性能住宅ゆえの過乾燥問題

現代住宅ではむしろ、冬場の過乾燥が問題視されています。

ですので、部屋干ししてもまだ、乾燥するのです。

そういった意味において

現代住宅での室内干しは

過乾燥問題に対して有効な手段

といえます。

まとめ

現代住宅では室内干しができる住宅です。

ここまで、説明をされても

まだ、信用できない。。。

という方、

一度、ご相談ください。

丁寧にご説明をさせて頂きます。

現代住宅では、まだまだ

皆さんが知らない

メリットがたくさんあります。

新しい知識を身につけて

理想の住居を手に入れてください!

では、お待ちしております。


弊社では無料で建築設計の相談をお受けする無料設計相談を行っております。 住宅・店舗・オフィス・医院・集合住宅etc...の設計依頼等に関するお問い合わせも随時受付しております。弊社サイトよりお気軽にお問い合わせください。 その他、建築設計に関する関連サイトも下記バナーよりご確認ください。

関連サイト・お問い合わせ


河添建築事務所ホームページ
無料プランニング
建築設計事務所ブログ
建築事務所スタッフブログ
住宅設計デザインブログ
建築ハウツー
失敗しない家づくり
建築家が設計したデザイン住宅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください