子供部屋の計画で気をつけることは?

この記事を読まれている方の中には新築で子ども部屋をこれから計画予定の方や子どもが増えるので間仕切りを入れたり部屋を広げたりと色々なお悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか?今回は子ども部屋を計画するときに気をつけるべきことについて解説をしたいと思います。

子ども部屋を計画するのはいつ?

子供部屋の計画で気をつけることは?

これは人によって様々なケースが考えられます。まず一番は家を新築するときではないでしょうか?次に考えられるのが家を改修(リフォーム・リノベーション)するときが考えられます。そして子どもが増えた場合です。この場合ですと内装の間取り変更を行わないといけないケースも出てきます。

子ども部屋を計画するにあたり気をつけることは?

落ち着いた雰囲気にする

子ども部屋だと可愛い柄の入った壁紙や色の入ったものを使用したいと子どもが幼い頃は思われる方もいらっしゃるかもわかりません。しかし、ここで気をつけないといけないのは子どもは当然ながら成長します。子どもが小さい頃はそれでいいかもわかりませんが将来的には子どもたちは自分の部屋を自分なりの価値観で完成させます。そのためにはできるだけ無地で主張のない落ち着いた雰囲気の方が後々の模様替えに選択肢を持たすことができます。

動線を意識する

子ども部屋を計画するときに最も重要なことですが動線計画はとても需要です。これは個々人や家族単位で考え方が分かれるのでこれが絶対に正しいというものはありません。ただし、どういう風に子どもを育てたいのかあるいはどういった環境で子どもを育てたいのか?そういった意味でとても重要です。

ここで皆さんが生まれ育った環境を思い出してください。皆さんが子どもの頃にあたえられた部屋は玄関から直接自分の部屋までいけましたか?またはリビングを介さずに自分の部屋に行けましたか?

この記事を読まれている方の中には直接自分の部屋に行けた方が多いのではないでしょうか。

現代ではこの考え方が少し変わりつつあります。廊下をできるだけ作らない間取りが多くなっています。リビングとそれに付随する階段や吹抜けを集約させ境界を曖昧に繋げるような間取りにする傾向にあります。廊下を無くす理由は面積効率です。廊下を作るとその分部屋に割り当てるられる専用面積が減ってしまいます。

また、都内の狭小の敷地においては廊下をつくらないことで面積の有効利用を図っています。(狭小住宅ではそういう作りにしないと面積が確保できません)

話を戻しますとリビングを介さないと自分の部屋(子ども部屋)に行けない動線計画であれば必然的に親子のコミュニケーションは増えるはずです。また、幼少期の発育過程においての親子関係には良い影響を与えるはずです。

当然、思春期の難しい年頃に強制的に親と顔を合わさないといけないような動線で良いのかという話になりますのでやはり賛否両論あります。そういった意味ではどちらが正しいとは言えません。

また、こういう動線にしたから良い子に育つとも限りません。

しかし住宅のプランや間取が発育過程の人間形成に影響を与えることは非常に興味深いですね。

これは設計士と密に打ち合わせをして決めていく必要があります。

拡張性を持たせる

これは将来的に子どもの人数が予測できない場合の対応です。当然、子どもの数が増えたら子ども部屋を増やすか、スペースを確保する必要がありますよね。そのときに間仕切りを変更して隣の部屋と一つにするとか、あるいは予備室として多目的に利用できる部屋を準備しておくか等が考えられます。また、間仕切りを後から設置する方法もあります。あまりに子どもが増えすぎて引っ越さないといけないといったケースも稀にありますので^^; 間取は設計士と十分な打ち合わせをしておく必要ありますね。

まとめ

子どもが生まれる・増えるからといった理由から住宅を新築・改築するといったケースは本当に多いです。子ども部屋の計画は実は住宅を設計するときにはすごく重要な位置付けです。子どもたちに良い環境を与えてあげたいと思うのは親心だとおもいます。設計初期の段階からポイントを押さえた子供部屋の計画をしておくことをお勧めします。

住宅の新築・改築を検討されている方へ

住宅の設計

弊社が選ばれる理由

全国各地での設計実績

全国各地で数多くの設計を手掛ける建築家だからこそ、安心して設計デザインを依頼することができます。

高い意匠性(デザイン)と性能の両立

意匠性とデザイン性が高く尚且つ性能に配慮したパッシブ設計に配慮した建築デザインを用途に限らずご提供します。

施主のニーズに合わせた設計デザイン

クライアントの要望や与件を丁寧に聞き取りヒアリングを行い施主のニーズに合わせたきめ細やかな設計デザインを行います。

予算に合わせた設計

事前のご予算の聞き取りから将来計画においてお施主様の予算に合わせた設計提案を行います。

多数の受賞歴

デザインコンペ等において住宅から商業建築まで多数の受賞歴

KOUSHI:「優秀賞」を受賞

長屋・アパートのデザインコンテストで優秀賞を受賞した「KOUSHI」

UY2-HOUSE:「優秀賞」を受賞

建築家が選ぶ建築家賞にて優秀賞を受賞したUY2-HOUSE

WY-HOUSE:「準大賞」を受賞
香川で建てる平屋の設計デザイン

某住宅デザインコンテストにて 「準大賞」を受賞した緑の中に建つ平屋

MK-HOUSE:「審査員特別賞」を受賞
都内郊外に建つ鎌倉の家

某住宅デザインコンテスト 「審査員特別賞」を受賞した「鎌倉の家」

TOMARIGI:「優秀賞」を受賞

インテリア協会主催のデザインコンテストにてTOMARIGIが「優秀賞」受賞

建築家

全国で設計案件を手掛ける建築家

建築家による建築設計

Instagram

関連動画

オンライン設計

コロナ禍の状況を鑑みて弊社ではオンライン設計についてのお申込みも随時受付中です。全国各地からの設計依頼もお受けいたします。

お試しプランニング

いきなり建築家に依頼するのは不安と考えれらる方も多いかと思います。そこで弊社では気軽にお試しでプランニングを建築家に依頼できるお試しプランニングコースをご用意しております。ご興味のある方は以下、画像をクリックしてください。詳細サイトにリンクしております。

都心の変形敷地に建つ3階建のデザイン住宅

関連サイト

関連ブログ

設計依頼随時受付中

住宅、店舗、事務所、医院、集合住宅、共同住宅etc...多用途、木造、RC造、鉄骨造問わず新築、リフォーム、リノベーション問わず受け付けております。

資料請求(準備中)

別途、弊社が発行する資料請求も随時受付ております。以下、お問合せ先よりご請求ください。

お問合せフォーム

各種お問い合せについては内容を選択の上、必要欄を入力後、送信ボタンを押してください。追って担当より返信致します。

※複数選択可能

お問合せフォーム

    設計依頼無料設計相談お試しプラン資料請求リクルートその他

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください