地盤改良って何?費用は?

皆さんがこれから住宅用に敷地を購入される場合、地盤改良が必要になる場合があります。今回はこの地盤改良の工法と費用についてわかりやすく解説をしたいと思います。

地盤改良が必要なケースとは?

住宅等の建物を建てる敷地は、基準を満たすだけの地盤の地耐力というものが必要になります。地耐力が基準を満たしていない場合は、地盤改良等の措置を行う必要があります。

地盤改良の判定は?

地盤調査によって地盤改良が必要な地盤かどうかがわかります。

地盤調査とは?

地盤調査は敷地の地耐力を測定する調査のことです。既存の建物が建っている場合であれば既存を解体してからでないと地盤調査ができません。地盤調査の結果次第で地盤改良が必要かを判定します。地盤調査の詳細については下記、関連記事を参照ください。

家を建てる時の地盤調査はなぜ必要か?

地盤改良にはどんな工法があるの?

地盤調査により地盤改良が必要になれば調査結果の状況により工法が確定します。ここでは地盤改良の工法について解説していきます。

表層改良工法

地盤改良って何?

軟弱地盤の層が地表から2m以内の場合であれば、土とセメントを混合させることにより軟弱地盤層の強度を上げる工法が採用されます。良好な地盤層と一体化させることで支持地盤をつくる工法です。

柱状改良工法

地盤改良にかかる費用は?

軟弱地盤が2m〜8m以下の場合に用いられる方法で土の中にコンクリートの柱をつくり良好な地盤層で支持させる工法です。

鋼管杭工法

住宅の地盤改良とは?

軟弱地盤が深度2m以上で、鋼管杭を使用し住宅の荷重を杭を介して良好な地盤に伝えることにより、支持力確保する工法です。深度30mまで工事可能です。 重機の搬入が難しく施工が困難場合でも採用される場合があります。

地盤改良にかかる費用は?

状況や条件により費用には差が出ますので、あくまで目安として考えて下さい。また、費用の算定基準も住宅規模で想定しています。

表層改良工法 :   30万〜  50万程度(目安)

柱状改良工法 :   70万〜100万程度(目安)

鋼管杭工法    : 100万〜150万程度(目安)

まとめ

地盤改良が必要かどうかは地盤調査をしない限り判断がつきません。地盤改良の費用は最初から予算に見込んでおくことが重要です。地盤調査により地盤改良の必要がなければ費用が浮いたと考える方が無難です。詳しくは専門家にご相談ください。

住宅の建築・改修・リフォームを検討されている方へ

設計事務所に住宅の設計を依頼するメリット

弊社が選ばれる理由

全国各地での設計実績

全国各地で数多くの設計を手掛ける建築家だからこそ、安心して設計デザインを依頼することができます。

高い意匠性(デザイン)と性能の両立

意匠性とデザイン性が高く尚且つ性能に配慮したパッシブ設計に配慮した建築デザインを用途に限らずご提供します。

施主のニーズに合わせた設計デザイン

クライアントの要望や与件を丁寧に聞き取りヒアリングを行い施主のニーズに合わせたきめ細やかな設計デザインを行います。

予算に合わせた設計

事前のご予算の聞き取りから将来計画においてお施主様の予算に合わせた設計提案を行います。

多数の受賞歴

デザインコンペ等において住宅から商業建築まで多数の受賞歴

KOUSHI:「優秀賞」を受賞

長屋・アパートのデザインコンテストで優秀賞を受賞した「KOUSHI」

UY2-HOUSE:「優秀賞」を受賞

建築家が選ぶ建築家賞にて優秀賞を受賞したUY2-HOUSE

WY-HOUSE:「準大賞」を受賞
香川で建てる平屋の設計デザイン

某住宅デザインコンテストにて 「準大賞」を受賞した緑の中に建つ平屋

MK-HOUSE:「審査員特別賞」を受賞
都内郊外に建つ鎌倉の家

某住宅デザインコンテスト 「審査員特別賞」を受賞した「鎌倉の家」

TOMARIGI:「優秀賞」を受賞

インテリア協会主催のデザインコンテストにてTOMARIGIが「優秀賞」受賞

建築家

全国で設計案件を手掛ける建築家

建築家による建築設計

Instagram

関連動画

オンライン設計

コロナ禍の状況を鑑みて弊社ではオンライン設計についてのお申込みも随時受付中です。全国各地からの設計依頼もお受けいたします。

お試しプランニング

いきなり建築家に依頼するのは不安と考えれらる方も多いかと思います。そこで弊社では気軽にお試しでプランニングを建築家に依頼できるお試しプランニングコースをご用意しております。ご興味のある方は以下、画像をクリックしてください。詳細サイトにリンクしております。

都心の変形敷地に建つ3階建のデザイン住宅

関連サイト

関連ブログ

設計依頼随時受付中

住宅、店舗、事務所、医院、集合住宅、共同住宅etc...多用途、木造、RC造、鉄骨造問わず新築、リフォーム、リノベーション問わず受け付けております。

資料請求(準備中)

別途、弊社が発行する資料請求も随時受付ております。以下、お問合せ先よりご請求ください。

お問合せフォーム

各種お問い合せについては内容を選択の上、必要欄を入力後、送信ボタンを押してください。追って担当より返信致します。

※複数選択可能

お問合せフォーム

    設計依頼無料設計相談お試しプラン資料請求リクルートその他

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください