外壁・屋根納まり検討

先日はKK2-HOUSE PROJECT3_外壁と屋根の納まり検討を行いました。施主が板金会社と云う事もあり実際に工場に行ってモックアップで確認を行いました。同時に色の確認も行いました。本物件の外壁はガルバリウム鋼板のK型スパンです。表面に凹凸のリブが付いています。検討は外壁コーナー部の納まりです。Kがたスパンのコーナの場合、通常はL字のコーナ部材を使用します。その場合リブのサイズとコーナ部材が異なる為、リブが直角に連続する事はありません。そこで、直角に連続するリブとすることで部材を作ってもらいました。苦戦しましたが何とか作る事が出来ました!

外壁色の確認

外壁がガルバリウム鋼板の家今回の外壁色はシルバーとブラックの2色を使用します。

外壁色の確認 住宅外壁

外壁色を確認する場合は実際の状況と同じように必ず屋外で確認します。室内では照明の影響で色が違って見えます。そして、可能な限り大きな物で確認する事が大事です。

縦ハゼの先端加工の検討

縦ハゼの先端加工

断面で図面を描いていると先端の立上がりが気になりますが写真のようにシャープにならない為、先端加工は行わない方向になりました。

コーナ部材制作の様子

板金会社とプロダクト制作

ホワイトボードの図を書きながら検討

加工用機械を使用しての制作の様子

板金を使用した住宅

試作品が完成
ガルバリウム鋼板_コーナー部材

詰めの検討は必要ですが、何とか方向性は立てる事が出来ました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください