EU建築視察旅行記 – レラハ地区の集合住宅

3日目はロラック地区の集合住宅を見学しました。

レラハ地区の集合住宅

レラハの集合住宅

こちらの建物は建築家自らが施主になって企画提案して建設された集合住宅の外観写真です。ドイツでは条例により既存建物の建替えが難しく新築の建物は街をバスで走っていてもあまり見受けられません。そういった中、建替えを行政に提案し事業化したそうです。

レラハの集合住宅外観デザイン

レンガのような外観に見えますが実際は柔らかい特殊な素材で出来ています。見た目もリアリティがあります。

レラハの集合住宅外観デザイン妻側

こちらが建物妻側のデザインです。外観は全体的に複数の外装材が使われているのが建物の特徴です。

レラハの集合住宅

室内の写真です。こちらの建物には空調はありません。断熱性能と換気システムにより室内は快適温度に保たれています。写真右上に写っているフィックス窓下にグレーチングが見えていますが、こちらは非常用のヒーターが床下に組み込まれています。

レラハの集合住宅床下の電気ヒーター

こちらが窓下に設置されたヒーターであくまで非常用とのことでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください