EU建築視察旅行記 – バイエラー財団 美術館

ヴィトラキャンパスを見学した後はレンゾ・ピアノ設計のバイエラー財団美術館を見学しました。

Fondation Beyeler-Renzo Piano

バイエラー財団 美術館-レンゾ・ピアノ

バイエラー財団美術館

ガラスと石とで構成される外観デザイン

バイエラー財団美術館ホール

白と木で構成されるシンプルなエントランスホール

バイエラー財団美術館-展示室

展示室の様子。上部はガラスシェードのトップライトにより自然採光を展示室内に取り込んでいます。

バイエラー-トップライト

ライトシェードのトップライト

バイエラー-吹抜け空間

DPGガラスで構成されたエレベーターシャフトから見る吹抜けラウンジ空間。

バイエラ財団美術館のラウンジ空間

周辺の田園風景を見ながら本が読めるラウンジ空間。ソファはガラス側に向けて配置されています。

バイエラー財団美術館のガラスファサード

外装を構成するカーテンウォールのガラスとマリオン。内押縁とすることでな内部空間への圧迫感を軽減するとともに外観ファサードの縦ラインのデザインとなっています。

バイエラーフロアヒーター

カーテウォール下にはヒーターらしき格子の側溝が入っています。その他、カーテンウォールのメンテや空調チャンバーのリターンなど兼用してそうです。

バイエラー財団美術館-内部より

メインファサード部の室内から

バイエラー財団美術館ファサードデザイン

正面ファサードから建物を見る

バイエラー財団美術館の外観ファサード

建物全体が見える位置まで歩いて撮影。ガラスの印象が強い建物ですが外装に自然素材を組み合わせることで田園風景の中にも違和感なく溶け込んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください