EU建築視察旅行記 – バーゼルの街並み –

ヨーロッパ建築視察の初日、スイスバーゼルの街並みを散策した時の様子です。

バーゼルの街並み

初日は高級家具で有名なヴィトラ社を見学予定ですが、まずはホテルからトラムの停車場までスイスバーゼルを散策しました。バーゼルは古い建物が残っており街並み全体の景観が保たれていました

バーゼルの街並み

街中を走るトラム

日本でもトラムは見られるようになりましが、今から10年以上前はまだ、物珍しくて雑誌で見ながら近未来的な乗り物のような眼差しで眺めていたのを覚えています。間近で見られて少し感慨深い感覚になりました。

スイスバーゼルのトラム

ブランドショップのファサードデザイン-Cartier

cartierのようなブランドショップも古い建物の外装をうまく利用しながらリノベーションを行っており景観への配慮がなされています。

カルティエ スイスバーゼル

バーゼル大聖堂-Basler Muenster

スイスバーゼルを代表する教会です。歴史を超えて感じるスケール感はスケールアウトしていますが現代でも神々しいオーラを纏っています。

バーゼル大聖堂

Gymnasium am Münsterplatz

石畳がすごく綺麗に敷き詰められています。これだけの広大な床を敷き詰めるには相当な労力が必要ですし、街じゅうを敷き詰めるには人々の思いがなければできないと思いを馳せながら、一歩一歩噛みしめて歩きました。

Gymnasium am Münsterplatz

ライン川-Rhin

ヨーロッパを代表するライン川。この日はあいにくの曇り空でしたが、水面に映り込む町並みは景観を反転しながら奥行きを生み出しています。

ライン川

Cityscape of Basel-バーゼルの街並み

ファーストフード店が建ち並んでいます。見切れていますが左のオレンジのストライプの看板が見えているのがマクドナルドです。少し割高の値段設定のようです。

バーゼルのファーストフード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください